友だち追加
初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!今なら4人紹介すると12ヶ月間料金無料
こちら登録頂ければ幸いです。
今のiPhoneを利用できます。
毎月のスマホの固定費を下げたい人にはチャンス

iOS16はInfoShackという大きなウィジットを採用の予定

iOS16

iOS16が今後発表される予定となっています。

iOS16というのは、2022年に発表され、iPhone14に搭載される予定となっているOSです。

このOSは大きなウィジットを採用する予定になっているようですね。

iOS16のInfoShackという内容

https://twitter.com/LeaksApplePro/status/1486476643552362496

排他的:iOS16。
インタラクティブなウィジェットの準備をしてください! Appleは現在、InfoShackという名前のこれらの「大きなウィジェット」に取り組んでいます。
それらについてはすぐに詳しく説明します。

こちらの内容からiPhoneに搭載されるウィジットが大きくなります。

ウィジットが大きくなると色々なメリットがあると予想されます。

ウィジットが大きくなるとどういうメリットがある?

ウィジットが大きくなるとメリットとして、ウィジットで表示できる内容がたくさんあることから、そこに情報が集約されるということです。

情報が集約されることにより、アプリの起動なくても、アプリに表示されている内容などを表示することが可能となります。

○アプリを開けることなく、アプリの情報を取得
○アプリはインストールしておくだけで、日々ウィジットでチェックが可能
○複数同時に異なる情報を見ることができる
○アプリをいちいち起動しないので、情報を見るだけで時間短縮が可能に

結局ウィジットが大きくなるということでのメリットというのは、使いこなすことができれば、相当なメリットがあると思っています。

デメリットは?

ウィジットのバックグラウンド通信が挙げられるかと思います。

ウィジットの情報を常に新しいものに更新するのであれば、当然ながらバックグラウンド通信をすることで、情報を取得するのため、通信は必須となります。

そこで通信をしないのであれば、ウィジットに情報を表示させる必要はありませんからね。

そのためパケットを食います。それはアプリ毎に異なるため、どれくらいの通信容量を取られるのかということはわかりません。

実際に試してみて、どれくらいの通信量なのか?というところはわかるわけですが、これをやめてしまうとウィジットの意味はありませんからね。

ただ最近は通信をオフにする人は本当に少ないかと思います。それをしても結局いいところがなくなってしまうからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました