iPhone13Pro /13ProMAX スペック 比較 違い 画面サイズ カメラ どっちがオススメ?

iPhone13 /13mini /13Pro /13MAX

iPhone13Pro及びiPhone13ProMAXが販売されておりますが、どちらにしようか考えている人も多いのではないかと思います。

どちらのモデルがどのように違うのでしょうか?

iPhone13Proシリーズの購入はオンラインがオススメ

iPhone13Proシリーズを購入しようとしている人も結構多いと思いますが、オンラインショップがオススメです。

こちらがオンラインショップとなっています。

ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料ということもあり、かなりの人が契約をしていることは知っている人も多いのではないかと思います。

✔ドコモとソフトバンクはオンラインショップでは事務手数料が無料
✔事務手数料だけで3300円なので、結構お得に買える

それだけでも結構お得に購入することが可能となっています。

iPhone13Pro及びiPhone13ProMAXのスペック比較

モデル名 iPhone13Pro iPhone13ProMAX
サイズ 146.7 x 71.5 x 7.65mm 160.8 x 78.1 x 7.65mm
重量 203g 238g
ROM 128GB、256GB、512GB、1TB 128GB、256GB、512GB、1TB
画面サイズ 6.1インチ 6.7インチ
画面解像度 2,532 x 1,170 460ppi 2,778 x 1,284 458ppi
ディスプレイその他 ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ
6.7インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
ディスプレイ両モデル 最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
HDRディスプレイ
True Tone
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
2,000,000:1コントラスト比(標準)
最大輝度1,000ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
チップ A15 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コアCPU
新しい5コアGPU
新しい16コアNeural Engine
カメラ Pro 12MPカメラシステム:望遠、広角、超広角カメラ
望遠:ƒ/2.8絞り値
広角:ƒ/1.5絞り値
超広角:ƒ/1.8絞り値と120°視野角
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
LiDARスキャナを活用したナイトモードのポートレート
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正(望遠、広角)
センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
6枚構成のレンズ(望遠、超広角)、7枚構成のレンズ(広角)
True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR 4
フォトグラフスタイル
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)*
ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(望遠、広角)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ
最大9倍のデジタルズーム
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
QuickTakeビデオ
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR
フォトグラフスタイル
Apple ProRAW
浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)*
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
Apple Pay Face IDを使った、店頭、アプリ内、ウェブ上でのiPhoneによる支払い
Mac上でのApple Payによる購入の完了
エクスプレスカードによる交通機関の支払い
通信方式モデルA2636 5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
モデルA2641 5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
通信方式全モデル 5G(sub‑6 GHz)4
4×4 MIMOとLAA対応ギガビットLTE4
2×2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
空間認識のための超広帯域チップ5
リーダーモード対応NFC、FeliCa
予備電力機能付きエクスプレスカード
位置情報 内蔵GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou
デジタルコンパス
Wi‑Fi
携帯電話通信
iBeaconマイクロロケーション
ビデオ通話 携帯電話ネットワークまたはWi-Fi経由でのFaceTimeビデオ通話
5GまたはWi-Fi経由でのFaceTime HD(1080p)ビデオ通話
SharePlayを使って映画、テレビ番組、音楽やアプリの体験をFaceTime通話で共有*
画面共有*
FaceTimeビデオでのポートレートモード
空間オーディオ
「声を分離」と「ワイドスペクトル」のマイクモード
バックカメラでの光学ズーム
オーディオ通話 FaceTimeオーディオ
Voice over LTE(VoLTE)
SharePlayを使って映画、テレビ番組、音楽やアプリの体験をFaceTime通話で共有
画面共有
空間オーディオ
「声を分離」と「ワイドスペクトル」のマイクモード
ビデオ再生 FaceTimeオーディオ
Voice over LTE(VoLTE)
SharePlayを使って映画、テレビ番組、音楽やアプリの体験をFaceTime通話で共有
画面共有*
空間オーディオ
「声を分離」と「ワイドスペクトル」のマイクモード
Siri メッセージの送信やリマインダーの設定などをあなたの声で実行
「Hey Siri」を使ってあなたの声だけでハンズフリーで起動
よく使うアプリのショートカットをあなたの声で実行
電源とバッテリー ビデオ再生:
最大22時間ビデオ再生(ストリーミング):
最大20時間オーディオ再生:
最大75時間
ビデオ再生:
最大28時間ビデオ再生(ストリーミング):
最大25時間オーディオ再生:
最大95時間
電源とバッテリー両モデル リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
最大15WのMagSafeワイヤレス充電
最大7.5WのQiワイヤレス充電
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
高速充電に対応:
約30分で最大50%充電(別売りの20W以上のアダプタを使用)
MagSafe 最大15Wのワイヤレス充電
マグネットアレイ
アラインメントマグネット
アクセサリ識別NFC
磁力計
センサー Face ID
LiDARスキャナ
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
OS iOS15
カラーバリエーション グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルー

画面サイズが異なることが一番大きい

画面サイズがiPhone13ProとiPhone13ProMAXでは一番大きいのではないかと思います。

画面サイズだけでも、iPhone13Proが6.1インチでiPhone13ProMAXは6.7インチとなっており、0.6インチ大きいです。

0.6インチというのは、小さいように見えて、結構大きくなります。

✔0.6インチ違うだけでも結構大きく見える
✔大画面は迫力がある

迫力があるというだけでも相当メリットだと私は思っています。

大画面になったことで、重さもかなりの重量になった

重さが大きくなったというところは、本当に気をつけたほうがいいのかもしれません。

iPhone13の価格も上昇

iPhone13シリーズの価格も上昇しました。

2022年7月1日から価格が上昇しましたが、これに伴い正直あんところかなり厳しいと感じている人も多いのではないかと思います。

Apple製品 値上げ iPhone13だけでなく iPhone14にも直撃 スマホ全体の価格上昇で家計直撃
Apple製品がの値上げが2022年7月1日から行われました。これに伴い、Apple製品の購入はかなりしづらくなってくるのではないかと思います。日本人の約6割がiPhoneを利用するなど、この値上げは相当痛いことは間違いないでしょうね。買う

こちらにその情報を掲載しておりますが、相当価格が上昇しています。

○iPhone13シリーズの価格がかなり値上がり
○最大で4万円ほどの値上がりに

4万円もの値上がりになっているということは、相当厳しい値上がりということになります。

となるとiPhone14も相当価格が上がるのではないかと予想されます。

引用元:keitaijoho

ソフトバンクスマホを安く買う方法

ソフトバンクスマホを少しでも安く購入する方法はこちらをクリックして、問い合わせて頂くことで、少しでも安価に購入することが可能となります。
この記事を書いた人

iPhone情報の管理人の、「乗換 スマホ iPhone MNP 一括1円 一括0円情報@iPhone情報」iPhoneの情報を継続的に出していきます。
ここ最近のiPhoneの値動きは本当にすごいです。
日本人の大多数が利用しているiPhoneですが、iPhoneを購入しようと思っても高くて買えないという人も多いのではないかと思います。
少しでも安く買えるように工夫していきましょう。

乗換 スマホ iPhone MNP 一括1円 一括0円情報@iPhone情報をフォローする
iPhone13 /13mini /13Pro /13MAX
乗換 スマホ iPhone MNP 一括1円 一括0円情報@iPhone情報をフォローする
iPhone情報

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました