友だち追加 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!今なら4人紹介すると12ヶ月間料金無料
こちら登録頂ければ幸いです。
今のiPhoneを利用できます。
毎月のスマホの固定費を下げたい人にはチャンス

iPadmini7世代 スペック 予想 価格 発売日は? 進化はどうなるのか?

iPad mini

iPadminiの7世代目に関して今後どのようになっていくのでしょうか?

友だち追加
こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。

iPadminiというのは、iPadほど大きくなくコンパクトサイズということもあり、非常に人気の高いガジェットとなっています。

iPadminiというのは2022年時点で6世代目まで販売されておりますが、今後7世代目の発売などが非常に気になるところではないかと思います。

キャリアモデルの購入が楽で便利

キャリアモデルを購入する人も結構多いのではないかと思います。

Wi-Fiモデルよりも単体で通信ができる上に、GPSも搭載されておりますので、相当メリットがあります。

ドコモオンラインショップを利用する人も年々増えています。

ドコモオンラインショップは事務手数料が無料
ドコモオンラインショップは2750円以上の買い物で送料無料
ドコモオンラインショップ待ち時間がゼロ分
ドコモオンラインショップで予約すると発売日に届く

これらがドコモオンラインショップで購入するメリットとなっていますので、今はかなりの人がドコモオンラインショップを利用して購入しています。

au Online Shopから予約を行うことが出来ます。

au Online Shopのメリットをお伝えしておきたいと思います。

au Online Shopは2750円以上の購入で送料無料
au Online Shopは頭金なし
○発売日に自宅まで届く
au Online Shopは24時間営業

基本的に24時間営業となっていますので、いつでも購入することが可能となります。

このようにソフトバンクオンラインショップでも購入するとメリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいと思いますね。

キャリアモデルはメリットが大きい

万が一故障などが起きた場合でもキャリアモデルであれば、キャリアショップで故障修理対応をしてもらうことができますので、相当メリットがあります。

○故障対応を実施してくれる
○キャリアモデルなら店舗が近いので安心

地方都市であったとしても、キャリアショップというのは、比較的近隣にあります。

そのためキャリアモデルのほうが便利であることは間違いありません。

何かあれば持っておくことも可能となっていますので、それだけでも相当オススメできるのではないかと思います。

Wi-Fiモデルであれば、何かあったときに聞くことができません。

そういう観点からしてもキャリアモデルのほうが非常にオススメできると思います。

iPad mini7はどう進化するのか?

iPad mini7はどう進化するのでしょうか?

そのあたりが非常に気になっている人も多いのではないかと思います。

まずはiPad mini6のスペックがどうなっているのか紹介したいと思います。

モデル名iPad mini(6世代)
サイズ195.4 x 134.8 x 6.3mm
重量(Wi-Fi/Cellular)293g / 297g
ディスプレイサイズ8.3インチ
Liquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載8.3インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
解像度 その他2,266 x 1,488 ピクセル
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
500ニトの輝度
Apple Pencil(第2世代)に対応
CPUA15 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
容量64GB、256GB
カメラ12MP広角カメラ、ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
5枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
パノラマ(最大63MP)
スマートHDR 3
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
フロントカメラ12MP超広角フロントカメラ、122°視野角
ƒ/2.4絞り値
スマートHDR 3
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
携帯電話/ワイヤレス通信方式全モデル

802.11ax Wi‑Fi 6、同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
Bluetooth 5.0テクノロジー
Wi-Fi + Cellularモデル

モデルA2568:

5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)4
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)

データのみ

eSIM

SIMカードnano-SIM
eSIM
位置情報全モデル
デジタルコンパス
Wi-Fi
iBeaconマイクロロケーションWi-Fi + Cellularモデル
GPS/GNSS
携帯電話通信
センサーTouch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー
Touch IDiPadのロック解除
アプリ内での個人データ保護
iTunes Store、App Store、Apple Booksでの購入
Apple PayTouch IDを使った、アプリ内とウェブ上でのiPadによる支払い
Siriメッセージの送信やリマインダーの設定などをあなたの声で実行
ハンズフリーでiPadを使用
曲を聴いて認識
充電と拡張性USB-Cポートで以下に対応:
充電
DisplayPort
USB 3.1 Gen 1(最大5Gb/s)
充電と拡張性USB-Cポートで以下に対応:
充電
DisplayPort
USB 3.1 Gen 1(最大5Gb/s)
ディスプレイのサポート本体ディスプレイで標準解像度(数百万色以上対応)をサポート

1台の外部ディスプレイで最大4K解像度、30Hzをサポート
デジタルビデオ出力

USB-C経由でDisplayPort出力に標準対応
アダプタ(別売り)を使用したVGA、HDMI、DVI出力に対応
ビデオミラーリング

Apple TV(第2世代以降)またはAirPlay 2対応スマートテレビへの、最大4KのAirPlayミラーリング、写真、ビデオ出力
USB-C Digital AV MultiportアダプタおよびUSB-C VGA Multiportアダプタ経由のビデオミラーリングとビデオ出力に対応(アダプタは別売り)

電源とバッテリー全モデル

19.3Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
Wi‑Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
電源アダプタ、またはUSB-C経由でコンピュータを使って充電
Wi-Fi + Cellularモデル

携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間

オペレーティングシステムiPadOS 16

iPadOSには、iPadのユニークな能力を活用できるパワフルな機能と様々なアプリが最初から組み込まれています。

カラバリスペースグレイ、ピンク、パープル、スターライト

こちらが現行で出ているスペックとなっていますが、スペック的にはiPhone14やiPhone13と同じCPUを搭載しています。

すでに2022年のiPhone14が発売された時点で、ほぼ最高のスペックということになります。

過去のiPadminiの発売日は?

iPad mini発売日
iPad mini1世代2012年11月2日
iPad mini2世代2013年11月12日
iPad mini3世代2014年10月22日
iPad mini4世代2015年9月9日
iPad mini5世代2019年3月18日
iPad mini6世代2021年9月24日
iPad mini7世代2025年頃?

過去のiPad miniの発売日ですが、発売された当初というのは、1年に1度のペースで販売されていましたが、ここ最近は2年起きに発売となっています。

iPadmini7世代の発売というのは、かなり先になるのでは?と予想します。

やはりすでに5Gに対応されているiPadminiが発売されていることと、下段でもお伝えしますが、A15というCPUを搭載していることがその主な要因だと思います。

iPad mini6世代とiPhone14が同じCPU

iPad mini6世代、iPhone14、iPhone13Proは同じCPUを搭載しており、2022年の時点では現役で利用可能ということになります。

○A15の処理能力はかなり高い
○A15で十分では?
○OSのアップデートも考慮し、後4年は利用可能

現状でiPad mini6世代を購入したとしても、最新のOSの状態を後4年〜5年は継続して利用することも可能なくらいのCPUを搭載しています。

それはiPhone14がA15を搭載していることからもわかる通り、処理速度とOSのアップデートの関係というのは、あまりにも古いCPUは最新のOSでは動作しづらいということもあり、ある程度古いCPUを搭載しているモデルというのは、最新のOSを利用できないようにしているわけです。

そういうことを考えると、iPad mini6のCPUはかなりいいCPUということになりますので、iPadmini7の発売はiPadmini6の2年後というわけでもなく、3年〜4年後になる可能性は十分に考えられます。

なぜiPadmini5世代と6世代の差は2年なのか?

iPadmini5世代と6世代は2年後の発売日なのか?ということですが、こちらは5Gへの対応があったからだと思います。

5Gがアメリカで商用利用開始された時期というのは、2019年4月頃からであり、日本は遅れること約1年の2020年3月から日本で商用利用が開始されるようになりました。

iPadmini5世代は4Gにしか対応しておらず、5Gに対応したiPadminiを製造する必要があったため、2年後の発売になったわけです。

○5Gに対応する必要があった
○iPhone13と同じCPUなら当分使えることも検討

iPhone13が発売された時点で、iPhone14の構想は当然あり、開発状況としてどこまで済んでいるかわかりませんが、設計程度はかなり終わっていたのではないかと思います。

iPhone13が発売された時点で、A15の採用がすでに決まっており、そのタイミングでiPadminiの販売を行うことで、当分新型のiPadminiの販売は行わなくてもよいと考えていたのかもしれません。

そのためiPadminiの発売は、iPadmini6の4年後とかの発売になる可能性は十分にありえるのです。

iPad mini7はAシリーズのCPUが継続搭載

iPadProではMシリーズのCPUが搭載されておりますが、iPadmini7ではAシリーズのCPUを継続的に搭載すると思います。

○iPadProはMシリーズ
○iPadminiはAシリーズ

AシリーズのCPUということで、ベースの処理能力などは、おそらく最新のiPhoneと同じということになるかと思います。

iPadmini6に搭載されているA15というCPUでも十分iPadOSを動作させることができますので、全く問題ないかと思います。

iPhoneとiPadの異なる点というのは、OSがiOSなのかiPadOSなのか?というところが一番違う部分で、画面サイズの大きなiPhoneと思っている人も相当多いと思います。

実際には画面サイズの大きなiPhoneということではないわけですが、OS自体が異なるので、根本的に全く異なるものという風に感じておくことをオススメしたいと思います。

OSはiPadOSを採用

OSにはiPadOSを採用しています。

iPadOSが採用されるということで、iPhoneのiOSとは異なるOSとなります。

元々iOSがiPadにも採用されていたので、ベースの利用方法というのは、あまり変わりません。

しかしながらiPadOSというのは、基本的にiPadに対応しているOSということもあり、パソコン的な使い方でも問題ないのです。

パソコン的な使い方ができるという点において、個人的にはiPadOSというのはメリットがあるかと思います。

○ペンでの使い勝手が非常にいい
○キーボードなどの使い方も問題なし

基本的にMacなどのパソコン系の使い勝手にも対応していることを考えるとiPadOSというのは、かなり進化しているのではないかと思います。

それこそ出張先にパソコンは大きくて持っていくのが不便だと感じている人も多いと思いますが、iPadminiの大きさであれば、持っていてもそこまで苦痛に感じることはないかと思います。

その理由というのは、iPadminiはコンパクトサイズなので、それだけでも相当メリットがあるということです。

基本的にiPadminiというのは、そこまで大画面ではないですが、持ち運びには非常に優れたモデルであることは間違いありません。

OSが異なることで、iPad用アプリにも対応

iPadは高くて大きいので不要だという人もiPadminiであれば、iPadアプリにも対応されているということもあり、非常にメリットがあります。

基本的にはiPhoneのアプリのインストールはできますが、iPad用アプリではiPadならではの使い勝手などが実現されていることも多く、大画面だからこそというアプリも非常に多いのです。

○同じアプリでも大画面での使い勝手が向上
○アプリが大画面に対応でiPhoneとは異なる使い勝手
○使い勝手が異なるが直感的に利用できるものが多い

直感的に利用することができると思われますが、基本的には直感的に利用できることが多いので、直感的にiPadminiを利用しようと思っても、問題なく利用することができるのではないかと思います。

iPadmini7の頃にはiPadOSもさらなる進化を遂げていると思われますので、かなり期待してもいいのではないかと思います。

販売価格はどうなる?

iPadmini6の販売価格は以下の通りです。

モデル価格
iPadmini6 64GB Wi-Fi78,800円
iPadmini6 64GB Cellular+Wi-Fi102,800円
iPadmini6 256GB Wi-Fi102,800円
iPadmini6 256GB Cellular+Wi-Fi126,800円

正直なところ価格は結構高額であることが、こちらからもわかるかと思います。

iPadmini7になると、さらに高額になる可能性は十分にありえるのではないかと思います。

2022年の時点でドル円は150円となっており、Apple製品の価格も徐々にアップしているということは知っている人も多いと思います。

iPhoneの価格もiPhone14で約12万円と非常に高額になっています。

○iPadmini7の価格は相当高額に
○iPadmini7の価格が今後高くなると予想

今後iPadmini7の価格は高額になることは今の円安の状況からすると当然といえば当然なのかもしれません。

それくらいiPadmini7の価格というのは、高くなることは予想されます。

Wi-FiモデルとCellularモデルの2つのモデルが登場

これは過去からのこととなりますが、Wi-FiモデルとCellularモデルの2つのモデルが登場するでしょう。

Wi-Fiモデルのほうが価格が安価なことから当然ながら人気は高いです。

○Wi-Fiモデルのほうが人気は高い
○Cellularモデルは高くなるので人気はさほどない

価格が結構ことなりますので、Cellularモデルを購入する必要はないでしょうね。

ただCellularモデルを購入するにあたり当然ながらメリットはあるのです。

Cellularモデルを購入するメリット

Cellularモデルを購入するメリットですが、なんといっても一番のメリットは巨大Wi-Fiルータになるということです。

○巨大なWi-Fiルータになる
○インターネット共有機能を利用すれば問題なし

インターネット共有機能を利用することで、巨大なWi-Fiルータとなります。

巨大なというのは、バッテリーサイズが大容量ということです。

大容量のルータとして使うことができれば相当メリットがあると思います。

このように使い勝手としては、Cellularモデルならではの使い方ができるという点においても、CellularモデルのiPadminiというものがおすすめできるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました