友だち追加
初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!今なら4人紹介すると12ヶ月間料金無料
こちら登録頂ければ幸いです。
今のiPhoneを利用できます。
毎月のスマホの固定費を下げたい人にはチャンス

iPhone15Pro用ディスプレイは中国で生産の予定 サムスン LG BOEが製造の予定

iPhone15 /15Max /15Pro /15ProMax

iPhone15Pro用のディスプレイというのは、中国でも生産される予定となっています。

ディスプレイメーカーのBOEというメーカーがiPhone15Pro用のディスプレイの製造を行うようです。

BOEはiPhone13でも搭載

BOEというのは、iPhone13のディスプレイを製造しており、iPhone13及びiPhone13miniにも部材を提供していると言われております。

iPhone13ProやiPhone13ProMaxに関しては、サムスンが製造しており、BOEというのは製造していません。

またiPhone14にもBOEはディスプレイを提供すると言われておりますが、Pro用に関しては、サムスンとLGが部材を提供するとも言われております。

iPhone14からディスプレイの形状が変わる

iPhone14からディスプレイの形状の変更が行われます。

ディスプレイ形状の変更が行われ、パンチディスプレイもしくはカプセル型の穴の空いたディスプレイになると言われております。

iPhone14Proシリーズでは パンチディスプレイとカプセル型のカメラが配置予定?
iPhone14Proシリーズが、今後発売される予定となっていますが、前面ディスプレイはこのような形になると予想されております。iPhone13まではノッチがあり、動画などを大画面で見ようとしても、ノッチが邪魔という人も結構いたのではないか

現状のノッチからこのあたりが変更となり、iPhone14では今までよりも製造が難しくなると言われております。

iPhone14にも引き続きBOEのディスプレイが提供される予定となっています。

ただiPhone14に関してもリフレッシュレートと呼ばれるものが、iPhone14では60Hzで、iPhone14Proは120Hzになると言われております。

リフレッシュレートとは? スマホで60Hz 90Hz 120Hz 240Hzとあるけど何か? 違い 比較
リフレッシュレートという言葉が結構最近増えていると思います。リフレッシュレートというものは何でしょうか?インテルのホームページにわかりやすく説明より高いリフレッシュ・レートでゲームをプレイすることは、ゲーム体験に大きな影響を与える可能性があ

こちらにリフレッシュレートの記事を掲載しておきますので、こちらも合わせてご確認いただければと思いますが、このリフレッシュレートが高ければ高いほど、画面はなめらかになるといわれており、iPhoneでは、iPhone13Pro、iPhone13ProMaxのこの2つのモデルにのみ搭載されている技術となります。

今後iPhone13Pro、iPhone13ProMaxの技術をそのまま継承するのは、iPhone14Pro及びiPhone14ProMaxの2機種のみということになります。

ただiPhone15あたりからはProモデル以外でも120Hzになるのではないかと言われており、期待が高まっています。

引用元:iphoneyoyaku

コメント

タイトルとURLをコピーしました